株式会社アマネク コミュニケーションズ

ウェブサイト解析

ウェブサイト解析はこんなお悩みにお応えします。

  • HPからの問い合わせ数が少ないので、増やしたい
  • ウェブサイトをリニューアルしたいが、どこをどう改善すべきかが分からない
  • もっと多くの人にウェブサイトに来てほしい

FEATURESウェブサイト解析でできること

  • ウェブサイトの課題把握
    ウェブサイトの課題把握

    ウェブサイトに流入しているユーザーの行動を数値で可視化し、閲覧されていないページがないか、問い合わせまでスムーズに遷移しているか、などを分析します。数値で見ることで潜在的な課題を発見し、目的達成へつなげます。

  • 課題に対しての改善案のご提案
    課題に対しての改善案のご提案

    「解析ツールは入れているけれど、どう見たらいいのか分からない」という方も多いかと思います。弊社は可視化されたデータから広告やコンテンツのご提案を行い、問い合わせやアクセス数アップのお手伝いをいたします。

ウェブサイト解析で分かること

どんな人が流入してきているか
1. どんな人が流入してきているか

ウェブサイトに来た人の年齢・性別・居住エリア・使用端末といった属性を可視化することができます。自社にニーズがある層を把握することでサイト内コンテンツや広告施策も最適に実施することができます。

どこから自社サイトに入ってきたか
2. どこから自社サイトに入ってきたか

自社サイトを訪問した人が、SNS、広告、自分でキーワードを検索したのか、など、どのような経路から入ってきたのかを解析します。「実施した広告の効果は出ているのか」を解析し、今後の販促を検討する上での判断材料になります。

ユーザーがウェブサイトのどのページを見ているか
3. ユーザーがウェブサイトのどのページを見ているか

ウェブサイトへ流入した方がどのようにサイトを回遊しているかを見ることができます。トップページを見てすぐに離脱していないか、価格表ページを見た後に移動するページの傾向、誘導したいページにたどり着いているユーザーの割合なども分かるので、ウェブサイト構成の課題把握や改善に生かせます。

[ その他分析項目 ]
  • 匿名1ユーザーのサイト内行動を詳細まで分析

    問い合わせしていただいた方が実際にどのタイミングでどのページを見たのかを時系列で確認できます。問い合わせにいたるまで迷っていないかなどを見ることで、コンバージョン数の向上に生かせます。

  • 電話での問い合わせ数計測

    ウェブサイト上での問い合わせ数だけでなく、ウェブサイト内の電話番号タップした人数を計測することができます。電話での問い合わせが多い企業様の場合、これまで見えてこなかった部分まで可視化することができます。

THREE MERITS3つのメリット

  • 01 潜在的な課題の発見
    潜在的な課題の発見

    「なんとなく反応がない…」と感じている部分をウェブサイト解析で課題を明確にし、具体的にどの部分を改善すべきなのかをご提示いたします。

  • 02 広告効果の検証
    広告効果の検証

    広告の効果を検証いたします。なんとなくで続けていた広告が実際にコンバージョンにつながっているのか、最も効果がある広告は何かを可視化いたします。

  • 03 改善案の把握
    改善案の把握

    御社の目的達成に向けて、課題解決のための具体的な方法や販促手法をご提案いたします。「解析して終わり」ではなく、課題解決に向けた最適な方法をご予算に応じてご対応いたします。